Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

その後 : 私が活躍できる仕事をIBM社内で探しています

オリジナルはこちら 2週間前に書いた『私が活躍できる仕事をIBM社内で探しています』にはたくさんの反響をいただき、本当にありがとうございました! 想像よりはるかにたくさんの、新旧のそして社内外の友人たちからの応援メッセージに、たっぷりの多幸感を味…

タマネギとアボカド – 読書メモ『ハーバードの心理学講義』

オリジナルはこちら 自分の興味や方向性をあらわす言葉の一つとして #幸福中心設計 をここ1年ほど使っています。 先日書いた、質問票への答え(脳みそ解体再構築)集というブログエントリーでは、以下のように #幸福中心設計 を説明しました。 僕らは幸福を…

私が活躍できる仕事をIBM社内で探しています

オリジナルはこちら ※諸事情により、数週間公開を見合わせておりました。投稿内容は11月時点のものとなります。 もろもろの事情から、現在所属している日本アイ・ビー・エム(以下IBM)のCIOサービスという部門から近々離れることになりました。 トータル8年…

レジリエンスと跳ねっ返りと生きる力

オリジナルはこちら 人間の能力としての「レジリエンス」とは、キツイ状況や困難にヤラれてしまうことなく、しなやかにそれに適応する力のことです。レジリエンスという言葉から、弾力に富んだボールをイメージしたり、あるいは状況に応じて姿を変えていく水…

質問票への答え(脳みそ解体再構築)集

オリジナルはこちら この夏から秋にかけて、ミニ講演や対談をいくつかやらせてもらいました。オファーをいただいた皆さん、ありがとうございました! 講演にしても対談にしても、いいことづくめでまさに「おれ得」。 準備することですごく自分自身への理解が…

読書メモ『デンマークの親は子どもを褒めない』…実際は褒めます

オリジナルはこちら 以前『俺のクレド』にも書きましたが、私は「みんなが自分と周囲の個性を大切に尊重しながら、幸福とつながりを感じながら生きる」世界が身の周りに拡がって欲しいと願っています。 でも実際には、「自分らしさや自分の感情を上手に隠し…

デンマーク流幸福中心デザイン – ER掲載中

オリジナルはこちら 先日発行された富士通総研さんの機関誌『ER』第9号「メタナショナル経営論 グローバル化を問い直す視座」に、「デンマーク流幸福中心デザイン – 複業家が見たヒュゲの国の生きかたと働きかた」という2ページの論文(というかコラム)を掲…

オックスフォード式心理幸福度調査の日本語訳

オリジナルはこちら あちこちで目にしているうちに、だいたい理解しているような気になっているものの、実はきちんと分かっていない。そういうものって結構ありますよね? 特に、強く興味を持って本や資料に長いこと触れ続けているテーマほど、そういうことが…

訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家

オリジナルはこちら 訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家 八木橋昌也(やぎはし まさや) 一九六九(昭和四十四)年九月二十七日、埼玉県生まれ。著述家。エナジャイザー。 先月29日、山梨県南巨摩郡の山林の中で発見された遺体が、パチの愛称で知られてい…

ワークショップデザイン・実施 – 20のヒント

オリジナルはこちら 数カ月前にとあるファシリテーション1日体験コースに参加したのですが、その際、講師のディランさんに『20 Lessons Learned in Designing and Delivering Workshops』という素晴らしいプレゼントをいただきました。 自分がワークショップ…

◢◤平成終わるんだ◢◤昭和死ね!!!

オリジナルはこちら ちょっと前に、オンラインの数カ所に<いわゆる「おっさんマインド」が肥大、膠着して周囲に害をもたらすようになったものが「老害」>ってことを書いて、その後に<おれが思うおっさんマインドのリスト>を書き出してみました。 ◇ 組織内に…

飼い馴らされない野鴨インタビュー

オリジナルはこちら — 反応はいかがでしたか? インタビュー記事への。 なんか、すごい「良かった!」ってフィードバックが多くて、すっかり嬉しくなっちゃいました。インタビュアーがソフィアの森口さんで、久しぶりに会えて嬉しかったんだよね。それに、ライ…

パチ編-充実とは価値観が満たされた状態である

オリジナルはこちら(2018/8/16) 『充実とは価値観が満たされた状態である』というゆのんさんのnoteが目に飛び込んできて、Delivering Happiness Bootcampにも興味を持っていたし、価値観ベースの生きかたや働きかたにもずっと興味を持ち続けている者として…

反復する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/8/7) ウィー・アー・オール・フューチャーデザイナーズ!Book of Futures日本語訳シリーズ、いよいよ感動(?)のファイナルです。 Iterate 反復する Summarizing the future design framework フューチャーデザインフレームワーク…

未来を顕在化する– ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/8/2) 既定路線的から夢想的まで、あなたが描くシナリオはどんなものになるでしょうか。 Book of Futures日本語訳シリーズ、第12回(ラス前)は[未来を顕在化する]です。 Actualize the future Futures design is an expansion of …

未来を描く – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/28) あなたは”Imagine futures”をどう訳しますか? Book of Futures日本語訳シリーズ、第11回は[未来を描く]です。 Imagine futures Our insights are formulations pointing towards possibility. They serve as a point of dep…

踏み出す – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/23) 未来はデザインできる冒険。一人でデザインしてもいいけれど、たくさんの人と行えばもっと大きな冒険ができます。 Book of Futures日本語訳シリーズ、第10回は踏み出すです。 Scale When John F. Kennedy became president …

インサイト – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/18) インサイトとジョークは似ている。説明が必要だとすれば、それはあまりいい出来じゃない。 — Book of Futures日本語訳シリーズ、今回は<感知する>の2つのサブフェーズをお届けします。 Integrate signals Arranged as a pil…

感知する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/13) 第8回[感知する]のオープニングは、インテリゴというキノコを消化して学ぶインスタレーションの紹介からスタートします。 sense integrate signals ・ articulate insights Six shiny pillars metallically dropping from a…

シグナルをスキャンする – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/8) 第2フェーズの途中では、ウサギ穴へ飛び込むことの大切さについて書かれています。長さの関係から今回は日本語訳していませんが、大意はこんな感じです。 『不思議の国のアリス』で、アリスが未踏の地に辿り着けたのはウサギ…

探索範囲を決める – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/3) 第2フェーズの[探索する]は、1989年のニューヨークでのストーリーからスタートします。 ただ、そのストーリーは以前、私がコペンハーゲンでフューチャーデザインを体験したときにブログに書いているので、そちらでご確認くだ…

位置決める – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/28) ビスポークの『Book of Futures』の日本語訳第5回は、第1のフェーズ[位置決める]の説明を訳していきます(第4回はこちら)。 位置決めフェーズにおいては、<テーマの定義>と<活動フィールドの定義>という2つのサブフェーズ…

時間は幻影 – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/23) 位置決めるのフェーズでは主に研究対象と活動フィールドを定義するのですが、実際の作業にあたっては心構えが大切です。 『Book of Futures』の日本語訳第4回は、『時間は幻影(time is an illusion)』をお届けします(第3…

フューチャーデザイン・フレームワーク – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/18) フューチャーデザイナーたちへ、未来への航海に役立つ道具を紹介しているビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第3回をお届けします(第2回はこちら)。 Future design framework The futures design f…

未来は現在 – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/13) 未来をデザインする手法、考え方、ツール、物語、マインドセット、方法論が書かれたビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第2回をお届けします(第1回はこちら)。 the future is now It seems today t…

未来へ – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/8) 今回から、未来をデザインする手法が書かれたビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳を、何回かにわたってお送りします。 この本は、現在はビスポークのフューチャーデザイン・ワークショップへの参加者…

欲しい未来へ踏み出すために – フューチャーデザイン・ワークショップ

オリジナルはこちら(2018/6/3) デンマークから来日したBespoke(ビスポーク)社の、2日間にわたるフューチャーデザイン・ワークショップの通訳をやりました。 今年2月のコペンハーゲンでは、参加者として「MUJIの未来」を考えるワークショップに加わりまし…

<デンマーク × 働きかた>イベントレポート

オリジナルはこちら(2018/5/29) 4月の終わりから先週にかけて、3つのデンマーク関連のイベントで2月のデンマーク視察で私が感じてきたことをお話しさせていただきました。 その中で、今回は5月16日のLIFULL HUBさんでのイベントと5月23日のFUSION_Nさんで…

「パーソナリティ調査」ワークショプ – 自己認知と他者認知

オリジナルはこちら(2018/5/24) あなたは、あなた自身のことをどれくらい理解していますか? あなたは、理解している(あるいはしていない)あなた自身を、職場でどれくらい開示していますか? しあわせをより強く感じながら仕事を続けていくには、より深く…

リーダーシップ調査報告 – 性格特性、行動特性、モチベーション

オリジナルはこちら(2018/4/27) 以前、ものすごい衝撃を受けた<職業的パーソナリティー診断>の姉妹サービス〈リーダーシップ・アセスメント調査〉を受けました。 参考: 大衝撃 – 職業的パーソナリティ調査の結果を開示します 今回受けたのは2種類のリーダ…