Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

2016-09-11から1日間の記事一覧

飛ばない紙ヒコーキと解決しない解決策

オリジナルはこちら(2016/9/8) 一昨日は午後と夜と、2つの濃いイベントを連続体験してきました。 それぞれ一見まるで違うテーマのようで、終わってみれば「根底では繋がっているよね」ってものでした。 人任せにしない! NECソリューションイノベータの未来…

注釈なんて誰も見てない

オリジナルはこちら(2016/5/9) 「こないだ懸賞で、58インチの大型液晶テレビが当たっちゃってさ。やっぱすごいでかいね。でも配達の人がまたすごくてさ、1人でアパートの3階の部屋まで持ってきたよ」 「俺の部屋来たことあったよね? どう考えてもサイズ的…

読書メモ『若者離れ 電通が考える未来のためのコミュニケーション術』

オリジナルはこちら(2016/8/28) 日本の若者(ミレニアルズ)分析って、あまり目にすることがないなって思っていました。 ときどきweb記事などで目にする「電通若者研究所」の存在は知っていたものの、まとまった形の分析を目にすることはこれまでなく、今…

B Corpの社会的インパクト評価 - 「Bインパクト・アセスメント」のサンプル訳

オリジナルはこちら(2016/8/22) 先月書いた、『B Corp調査レポート – B Labが提供しているサービスと「相互依存宣言」』 というブログ記事では、世界的に大きな潮流となっている「B Corporation(B Corp)」認定を実施している団体「B Lab」が提供している…

キメ顔とデジタルタトゥーと哲学カフェ

オリジナルはこちら(2016/8/16) 「パチさんって写真撮るときチョーキメ顔だよね。」 はいその通りです。皆さんはどうですか、顔、作りますか? いつもですか? どの程度ですか? さて、私はなぜ顔を作っているのでしょうか。 さらには、なぜ写真を撮ったり撮…

ソーシャルに働くということ

オリジナルはこちら(2016/8/11) 前回、「ワーク・ライフ・インテグレーションのためのソーシャルツールってパチさん言うけど、結局私の生活の何を良くしてくれるんですか?」っていう質問への答えを書きました(ワークライフとソーシャルコラボレーション)。 …

ワークライフとソーシャルコラボレーション

オリジナルはこちら(2016/8/7) 「ワーク・ライフ・インテグレーションのためのソーシャルツールってパチさん言うけど、結局私の生活の何を良くしてくれるんですか?」 「ソーシャルな働きかたって言うけど、どこからどうアプローチすればいいんですか?」 「…

あなたの生みだしている価値とは?

オリジナルはこちら(2016/7/31) 「人・モノ・コト」の新しいつながりを生みだしている コトを推進する際に、意見やアイデアが出やすい場を作っている 考えやアイデアをデジタル化してシェアしやすい形にして提供している 疑ったりからかったり背中を押した…

九州ふっこう割で大分旅行に行ってきました

オリジナルはこちら(2016/7/24) 旅は日常の延長線上にあるのか。あるいは日常とは旅と旅をつなぐ線でしかないのか。 –失礼。旅は、凡人に詩人を気取らせます。 「九州ふっこう割」というお得なプログラムを利用して、夫婦2人で別府の温泉街に宿を取り、レ…

ノルウェー留学から帰ってきたばかりの高校生とその父親の話を富士通のPLYで一緒に聴きませんか?

オリジナルはこちら(2016/7/17) 私の自慢の仲間の一人に「ハイタッチ八田」というおじさんがいるのですが、来週月曜日の7月25日の夜、そのおじさんが娘さんと一緒に…いや、と言うよりもそのおじさんの娘さんがおじさんと一緒に(ああややこし)トークするイ…

B Corp調査レポート - B Labが提供しているサービスと「相互依存宣言」

オリジナルはこちら(2016/7/13) 「パチも、ソーシャルグッドな活動を応援しようとしているのなら、ビー・コーポレーションやエスディージーのことはある程度は理解しているべきじゃないかと思うよ」–こんなアドバイスをある方からいただいたのが一月ほど前…

Polemica - ディスラプターとマネージメントは同じ夢を見れるのか?

オリジナルはこちら(2016/7/7) そこに立てられた「問い」は、本当に正しい「問い」なのか。 脳内のシナプスをつなげて行ったり、周りのヒトモノコトを巻き込んで行ったり、化学反応や新結合を起こすような「土のにおい」や「ずるりとした手触り」に満ちて…

読書とセミナー。図書館とワークショップ

オリジナルはこちら(2016/7/1) セミナーとワークショップ 講義形式のセミナーと、グループワークを中心としたワークショップ、みなさんはどちらが好きですか? テーマそのものや参加目的によっても変わってくるとは思いますが、もし、同じようなテーマで、…

「GENKI」というイケてる社内制度

オリジナルはこちら(2016/6/27) 皆さんの会社に、「これは助かる」とか「イケてるでしょこれ!」っていう社内制度はありますか? 社員一人ひとりの働き方をサポートするものや、社員のお財布や健康に優しいもの、チームやグループを支援するものなどなど…。…

コミュニティーの活性化とワークスアプリケーションズの価値観(EGMフォーラム6月定例)

オリジナルはこちら(2016/6/21) 昨日はEGMフォーラムの毎月一度の定例会。 会場は初めて伺う「ワークスアプリケーションズ」さんのアークヒルズのゴージャスなオフィスで、メインディスカッション・テーマは「コミュニティーの活性化」と「組織の価値観」…

『下り坂をそろそろと下る』を読みました - 嫌韓と新幹線と標準

オリジナルはこちら(2016/6/17) この本、平田さんの「四国論」であり、「日本論」であり、「司馬遼太郎論」でもあるのです。 — 『琥珀色の戯言』 : [本]【読書感想】下り坂をそろそろと下る より 『下り坂をそろそろと下る』というすばらしい本を読み終え…

丸ごとソーシャルなProVISION! – イノベーションを創出するソーシャル・コラボレーション

オリジナルはこちら(2016/6/2) 先月発刊されたIBMの機関紙『ProVISION』がおもしろいです。 No.89 イノベーションを創出するソーシャル・コラボレーションとテクノロジー (ここから下のリンク先はすべてPDFファイルとなっています。) 私も、社内で昨年IBM …

セミナーレポ:「働き方」の選択肢をつくる – リモートワークの今とこれから

オリジナルはこちら(2016/6/6) IBMの箱崎本社で”「働き方」の選択肢をつくる ~これからの経営課題に向き合い、イノベーションにつなげるために~“というセミナーに参加してきました。 さまざまなWebメディアで取り上げられている、リクルートホールディン…

救われない話とエンターテインメント、あるいはセルマソングス

オリジナルはこちら(2016/6/12) uneasy(不安)でありながらuncomfortable(不快)にしないこと。それがエンターテインメントとして恐怖や絶望を描く上でのルールだ。 –そんなことを誰かが書いていて、エンターテインメントにもアートにも漠然と憧れ惹かれる一…