Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

ワークショップデザイン・実施 – 20のヒント

オリジナルはこちら 数カ月前にとあるファシリテーション1日体験コースに参加したのですが、その際、講師のディランさんに『20 Lessons Learned in Designing and Delivering Workshops』という素晴らしいプレゼントをいただきました。 自分がワークショップ…

◢◤平成終わるんだ◢◤昭和死ね!!!

オリジナルはこちら ちょっと前に、オンラインの数カ所に<いわゆる「おっさんマインド」が肥大、膠着して周囲に害をもたらすようになったものが「老害」>ってことを書いて、その後に<おれが思うおっさんマインドのリスト>を書き出してみました。 ◇ 組織内に…

飼い馴らされない野鴨インタビュー

オリジナルはこちら — 反応はいかがでしたか? インタビュー記事への。 なんか、すごい「良かった!」ってフィードバックが多くて、すっかり嬉しくなっちゃいました。インタビュアーがソフィアの森口さんで、久しぶりに会えて嬉しかったんだよね。それに、ライ…

パチ編-充実とは価値観が満たされた状態である

オリジナルはこちら(2018/8/16) 『充実とは価値観が満たされた状態である』というゆのんさんのnoteが目に飛び込んできて、Delivering Happiness Bootcampにも興味を持っていたし、価値観ベースの生きかたや働きかたにもずっと興味を持ち続けている者として…

反復する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/8/7) ウィー・アー・オール・フューチャーデザイナーズ!Book of Futures日本語訳シリーズ、いよいよ感動(?)のファイナルです。 Iterate 反復する Summarizing the future design framework フューチャーデザインフレームワーク…

未来を顕在化する– ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/8/2) 既定路線的から夢想的まで、あなたが描くシナリオはどんなものになるでしょうか。 Book of Futures日本語訳シリーズ、第12回(ラス前)は[未来を顕在化する]です。 Actualize the future Futures design is an expansion of …

未来を描く – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/28) あなたは”Imagine futures”をどう訳しますか? Book of Futures日本語訳シリーズ、第11回は[未来を描く]です。 Imagine futures Our insights are formulations pointing towards possibility. They serve as a point of dep…

踏み出す – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/23) 未来はデザインできる冒険。一人でデザインしてもいいけれど、たくさんの人と行えばもっと大きな冒険ができます。 Book of Futures日本語訳シリーズ、第10回は踏み出すです。 Scale When John F. Kennedy became president …

インサイト – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/18) インサイトとジョークは似ている。説明が必要だとすれば、それはあまりいい出来じゃない。 — Book of Futures日本語訳シリーズ、今回は<感知する>の2つのサブフェーズをお届けします。 Integrate signals Arranged as a pil…

感知する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/13) 第8回[感知する]のオープニングは、インテリゴというキノコを消化して学ぶインスタレーションの紹介からスタートします。 sense integrate signals ・ articulate insights Six shiny pillars metallically dropping from a…

シグナルをスキャンする – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/8) 第2フェーズの途中では、ウサギ穴へ飛び込むことの大切さについて書かれています。長さの関係から今回は日本語訳していませんが、大意はこんな感じです。 『不思議の国のアリス』で、アリスが未踏の地に辿り着けたのはウサギ…

探索範囲を決める – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/3) 第2フェーズの[探索する]は、1989年のニューヨークでのストーリーからスタートします。 ただ、そのストーリーは以前、私がコペンハーゲンでフューチャーデザインを体験したときにブログに書いているので、そちらでご確認くだ…

位置決める – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/28) ビスポークの『Book of Futures』の日本語訳第5回は、第1のフェーズ[位置決める]の説明を訳していきます(第4回はこちら)。 位置決めフェーズにおいては、<テーマの定義>と<活動フィールドの定義>という2つのサブフェーズ…

時間は幻影 – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/23) 位置決めるのフェーズでは主に研究対象と活動フィールドを定義するのですが、実際の作業にあたっては心構えが大切です。 『Book of Futures』の日本語訳第4回は、『時間は幻影(time is an illusion)』をお届けします(第3…

フューチャーデザイン・フレームワーク – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/18) フューチャーデザイナーたちへ、未来への航海に役立つ道具を紹介しているビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第3回をお届けします(第2回はこちら)。 Future design framework The futures design f…

未来は現在 – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/13) 未来をデザインする手法、考え方、ツール、物語、マインドセット、方法論が書かれたビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第2回をお届けします(第1回はこちら)。 the future is now It seems today t…

未来へ – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/6/8) 今回から、未来をデザインする手法が書かれたビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳を、何回かにわたってお送りします。 この本は、現在はビスポークのフューチャーデザイン・ワークショップへの参加者…

欲しい未来へ踏み出すために – フューチャーデザイン・ワークショップ

オリジナルはこちら(2018/6/3) デンマークから来日したBespoke(ビスポーク)社の、2日間にわたるフューチャーデザイン・ワークショップの通訳をやりました。 今年2月のコペンハーゲンでは、参加者として「MUJIの未来」を考えるワークショップに加わりまし…

<デンマーク × 働きかた>イベントレポート

オリジナルはこちら(2018/5/29) 4月の終わりから先週にかけて、3つのデンマーク関連のイベントで2月のデンマーク視察で私が感じてきたことをお話しさせていただきました。 その中で、今回は5月16日のLIFULL HUBさんでのイベントと5月23日のFUSION_Nさんで…

「パーソナリティ調査」ワークショプ – 自己認知と他者認知

オリジナルはこちら(2018/5/24) あなたは、あなた自身のことをどれくらい理解していますか? あなたは、理解している(あるいはしていない)あなた自身を、職場でどれくらい開示していますか? しあわせをより強く感じながら仕事を続けていくには、より深く…

リーダーシップ調査報告 – 性格特性、行動特性、モチベーション

オリジナルはこちら(2018/4/27) 以前、ものすごい衝撃を受けた<職業的パーソナリティー診断>の姉妹サービス〈リーダーシップ・アセスメント調査〉を受けました。 参考: 大衝撃 – 職業的パーソナリティ調査の結果を開示します 今回受けたのは2種類のリーダ…

デンマークの幸福な暮らしと働きかた(トークイベントのお知らせ: 4/27、5/16、5/23)

オリジナルはこちら(2018/4/23) 来週と来月、3つのコワーキング・スペースで開催されるイベントで、デンマーク視察旅行で体験してきたことや感じたことをお伝えする機会をいただきました。 ■ 4月27日(金) 3×3lab Future @千代田区大手町 さんさんネットワ…

ソーシャルに働いてしあわせになろう! — IBMのソーシャル研修

オリジナルはこちら(2018/4/10) 新入社員向けの「ソーシャルな働きかた」研修を、今年も約600人の同僚となった新しい仲間たちに受講してもらいました。 2年前のブログにも書いていますが、「ソーシャル・ツールの具体的な使い方」と説明や解説はその当時か…

フォルケホイスコーレとヒュッゲ – EPOCH MAKERSイベントレポート

オリジナルはこちら(2018/4/5) デンマーク式対話型トークイベント「デンマークの教育機関、フォルケホイスコーレが本当の私らしさを教えてくれた」に参加してきました。 まず、ほとんどの人は上の1文に「は? デンマーク式対話型? フォルケホイスコーレ??」…

世界一幸せな国の世界一オルタナティブな男 – WORK MILLイベントレポート

オリジナルはこちら(2018/3/29) 昨夜、WORK MILL 第2号 『THE DANISH WAY – デンマーク 「働く」のユートピアを求めて』の発売記念イベントに参加してきました。 COVER STORYの<オルタナティブの希望>やCOLUMNの<クリスチャニア 「自由と寛容」の源流を訪…

SDGsとエナジャイザー – 欲しくて欲しくてたまらないもの

オリジナルはこちら(2018/3/28) SDGs * に関して意見を求められたり、対話をしたりすることが最近また増えてきました。 * 持続可能な開発目標 / SDGs (Wikipedeia) 一つの理由は、先日SDGsの17の目標が描かれたシールをいただき、その写真をFacebookにア…

文化のデザインとは未来のデザイン。未来のデザインとは文化のデザイン。

オリジナルはこちら(2018/3/10) デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第5弾です。この形式で書くのは今回が最後となります。 前回はこちら: 信用と付加価値と共創 — デンマークのデザイン 帰国前日の実質的な最終日に、世界中から注目を集めているコ…

信用と付加価値と共創 — デンマークのデザイン

オリジナルはこちら(2018/3/8) デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第4弾です。 前回はこちら: 一人じゃ学びも限定的だし、ヒュッゲも味わえやしない コペンハーゲンでは、コントラプンクト(Kontrapunkt Design House)という国際的なデザイン / ブ…

一人じゃ学びも限定的だし、ヒュッゲも味わえやしない

オリジナルは こちら(2018/3/6) デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第3弾です。 前回はこちら: Noを突きつけろ – クリエイティビティーもポジティブさも後天性 時は戻ってロラン島1日目。 森の幼稚園で子どもたちの様子に強い衝撃を受けた後、私た…

Noを突きつけろ – クリエイティビティーもポジティブさも後天性

オリジナルはこちら(2018/3/4) デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第2弾です。 前回はこちら: ロラン島の森の幼稚園と過激なまでの平等主義 〈先生、違うと思います。私はそう思いません> — この言葉こそが大切なのです。 私が生徒たちに常々言って…