読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

星野リゾート代表 星野さんの話(Lotusphere Comes to You 2011 Tokyo会場から)

オリジナルはこちら(2011/3/2)

 

ただ今、東京国際フォーラムでのイベント、「Lotusphere Comes to You 2011 Tokyo」というIBMのLotus事業部のイベントに参加しながら書いています。

 

午前中に 株式会社星野リゾートの代表取締役社長 星野 佳路さん特別講演を聞いたのですが、これがとっても興味深く、「そうそう。そうですよね!」と言いたくなる内容だったので、急遽ブログを書きたくなりました。
 
星野リゾートの、そして星野リゾートが手がけるリゾート施設や旅館については、いろいろなメディアなどでも紹介されていますし、私が説明するまでもないですよね。
ということで、講演でお話されていた内容に絞って書きたいと思います。 
わずか1時間足らずの講演ではありましたが、とても内容が濃いもので、お話の中心は「91年には100人程度だった社員が1,000人に近くに増える中で、どうやって企業風土を守ってきたか」でした。
特に心に響いた点と、それに関して私の頭の中を駆け巡っていたことを書きたいと思います。
 
◆ビジョンと価値観の共有 
星野リゾートのビジョンは『リゾート運営の達人になる』だそうです。そして、それに基づく数字上の目標値がたてられています。
 
「ビジョンの大切さ」はあらゆるビジネス書に書き尽くされていると言っても過言ではないかも? ってくらい、あちこちで謳われていることですよね。
星野さんの講演で面白かったのは、それがちゃんと「現実の数字を伴う目標」として書かれていただけに留まらず、「価値観とはルールであり、これを破ってまで目標を達成する意味はないもの」と名言されていたことでした。
コレって、あたり前のようだけど、多くの"現場"で目標の数字が優先されてしまい、価値観やビジョンを上回るものとして捉えられてしまっている気がします。
ビジョンは大事、目標も大事、でも、それはあくまで価値観というルールを守った上で達成されて初めて意味を成す
これ、絶対に忘れちゃいけないことですよね!

◆コンセプトと共感、フラットな組織 
コンセプトは「誰に対して何を提供するか」であり、"正しいもの"であることより、みんなが共感できるものであるべきと考えてる。-- といった内容のことをおっしゃられていました。
 
これは本当にその通りだなぁ、と思います。
コンセプトだけではなく、あらゆることに言えると思いますが「正しくても、本当に納得し、腹落ちしていないものに対しては本気で取り組めない」と私は思っています
逆に、「少々間違っていたって、合理的でなくたって、自分たちが意見をぶつけあい、一緒に決めたものであれば、自分ごととして感じられるし、辛い坂道も頑張れますよね。
 
意思決定プロセスをオープンにし、誰もが決定に参加できる仕組みを作っているという話、それから組織をフラットにし、議論の間は職責やポジションは関係ないというスタンスを徹底しているという話にはとても感銘を受けました
そして、「フラットな組織は集合写真を撮るとわかる」って話は面白かったです
これは、偉い人が最前列の中央にいるような集合写真になるということは、フラットになっていないということってことらしいです。なるほどネ!
 
他にも、「顧客満足度調査はダメな部分を探すためのものではなく、お客さまからいただいた嬉しい意見を、全員で共有するためのもの」とか、「管理職は立候補制で、みんなで選ぶ」など、なるほどなあと思う話しが満載でした。
"ダメな点探し"は日々、周りに溢れているし、人がモチベートされるのって、そうした指摘よりも良い点を褒めてもらって、「ヨシ! もっと喜んでもらえるようにしよう」って思える時ですよね。
そして、管理職の話も、おそらく「必ず立候補者の中から選ぶ」ことが大事なんじゃないかと思います。
それが「今回は該当者なし」みたいな経営者からのアナウンスが続くと、「"手を挙げて欲しい"とか、"意見をどんどんだして欲しい"って言いながらも、結局まともに取り合う気がないんじゃないか?」と社員はシラけてしまうものですよね
 
さて、そろそろ頭を今やってるセッションに戻そうと思います
ちゃんと読み直す時間もないままアップしてしまうので、誤字脱字や「何言ってるか、わからんぞ!」という点もあるかもしれません。ゴメンなさい。
ぜひ、そうした点はご指摘くださいね。
 
Happy Collaboration!