Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

コミュニケーションと情報共有は切ったら切れる仲なのか?

オリジナルはこちら(2012/3/7)

 

ループスの斉藤さんの『企業内にソーシャルの仕組みを ~ エンタープライズ・ソーシャルネットワーク導入の要』というエントリーを読み「私もちょっと書きたいことがあるな」と思っていたら、仲間の大川さんが、『ループスさんも企業内ソーシャルに注目』というエントリーをすでに書かれていました。

 
最初に書きたいなと思った部分とかなり重なっていたので「じゃ書かなくていいや」と思ったのですが、大川さんのエントリーを読み直していたら、最初とはちょっと違う書きたいことが出てきました。
(内容的にはおそらく多くの人に「ブログじゃなくて自分の手帳にでも書いておきなよ」と言われてしまいそうなものなのですが。)
大川さんの『コミュニケーションと情報共有はごっちゃにされがちですが、企業内においては、明確に分けるべきだと僕は思っています。』という部分です。
 
本当に、本当に「"コミュニケーション"と"情報共有"が混同する」ことって多くないですか? 多いですよね!
私自身、話していてしょっちゅうごっちゃになってしまうんです…。
ということで、自分自身のために「コミュニケーション」と「情報共有」を整理したいと思います
 

 
 
まず、コミュニケーションとは何でしょうかWikipediaの説明を参考にすると
コミュニケーション(英: Communication、交流)とは、複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、受け取りあうこと、あるいは伝えあうこと。
    ・・・
たんに情報の伝達にとどまらず、情動的な共感、さらには相手の行動の制御をも幅広く含んでいる
 
とあります。私的にこれを解釈すると
情報や意思を相手と伝え合い、そこから何らかの感情や行動につながっていくこ
がコミュニケーションということです。
 
それでは情報共有はどうでしょうか。
私の解釈では、情報共有とは「事実や出来事、存在などを知ってもらう」ことを主目的としたものだと思います。
そしてある事実や存在にまつわる自分の意見や思い、感情も含めて知ってもらう、あるいは知ってもらおうとすることがコミュニケーションではないでしょうか
 
「僕はそれを好きじゃない」と思ったという事 - これ自体は情報。
そしてこの情報を共有するには、何らかの形で相手にそれを理解できるようにする必要がある。
例えばそれを文章として書いて見せたら、それは情報共有。 
しかし、その時の書き方や見せ方、さらに書いているときの表情やしぐさが「僕はそれを好きじゃない」以上のものを相手に伝えていたら、それは情報共有からコミュニケーションへと変化していると思うのです。
 
そう考えると、情報共有というのはコミュニケーションと切り離すのが非常に難しいものだと思うのです。もちろん、情報が単なる情報として置かれていることや場合もありますが、多くの場合は、情報共有とコミュニケーションはセットで発生するものだと思うのです。
  

 
 
なんだか、ちょっと大川さんのエントリーへの反論っぽくなっちゃったかも…。
でも、そうではなくて、「コミュニケーションと情報共有の切り離しの難しさ」について自分の思考を整理したかっただけなんです(整理しようとして整理できてないけど)。
 
そしてこの難しさに対する今時点での自分なりの一つの解が、「情報とコミュニケーション」という観点での切り分けではなく、「誰に届ける(たい)ものなのか」という観点でのプラットフォームの切り分けなのかな、と思っています。
 
イメージ 
 
これじゃやっぱり「ブログじゃなくて自分の手帳にでも書いておきなよ」だな。。。ともあれ。
Happy Collaboration!