読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

コラボレーション・エナジャイザーというお仕事@Clipニホンバシ

オリジナルはこちら(2015/11/2)

 

以前、greenzの新規事業は社外で芽吹く!? "企業内起業家(イントレプレナー)"を応援する日本橋のコワーキングスペース「Clipニホンバシ』という記事を読んでから、どんな雰囲気のコワーキングスペースなんだろう? と興味を持っていたClipニホンバシClipニホンバシ地図

 

先週、縁あっていろいろと案内してもらうことができました。

 

実は

  • 「様々なイノベーションを促進するオフィス
  • 「大企業の社員やベンチャー、スタートアップなどのメンバー、クリエイターたちが新た事業生み出すためのコワーキングスペー
  • 「一連のイベントに参加することで、イノベーションプロセスを学びながら実践し、実践しながら学べるラ

などなど、前記greenz記事やウェブサイトに並ぶ言葉に「ちょっと大きな言葉を並べすぎてるんじゃない?」とか、「最近のコワーキングによくある感じと何が違うっていうのだろう?」なんて疑惑の眼差しもチラッとあったのです…

 

でも、これまでの歩みについての丁寧な説明と、ちょうどその夜やっていた「水Clip」というイベントに参加させていただくことで、疑念が消え去りました。

なるほど。他のコワーキングスペースとは違います

 

ここでは「新規事業」や「イノベーション」という言葉が、浮ついたお飾りになっていませんでした。

飛び入り参加させていただいた「イントレnight」をはじめ、(ほぼ)毎週水曜日に行われている「水Clip」というイベントが、きちんと一連のデザインになっているんですね

 

チラミセnight - 多彩なゲストに触発されて発想力を鍛える
各界で活躍する企業人、ベンチャー経営者、NPO表者、クリエイターなどのゲストが登壇し、自身のアイデアプロジェクトを次々にプレゼンしていく"ピッチ大会"。

スカウト交流会 - 志を同じくする"仲間"を集める「スカウト力」を鍛える
お金ではなく"想い"で多くの人を巻き込んでいく「スカウト」というプロセスを、何回も実践できる場。

コンサルnight - プライベート・コンサルのイデア洗練プロセスを体
普段は個別にメンバーからの相談に応じているプライベート・コンサルが一堂に会し、アイデアブラッシュアップする過程を公開。

イントレnight - 参加者同士で新たなコラボを生み出す4ケ月間の長期プログラ
チーム結成、アイデア創出、ビジネスモデルのブラッシュアップというプロセスを、全5回のイベントとその間のチーム個別ミーティングを通じて実施するClipニホンバシの目玉イベント。

 

先ほど「縁あって」と書いたのですが、ありがたいことに11/4(水)のチラミセnight」のゲストの1人(※)として、500秒のピッチをさせてもらうことになりました。

テーマは「コラボレーション・エナジャイザーというお仕事」です

イメージ

 

※6名のゲスト・スピーカー

・大川原脩平(舞踏家/仮面屋/ワークショップファシリテーター)
http://shuheiookawara.com/

・近藤那央(TRYBOTS(トライボッツ)代表)
http://trybots.tumblr.com/

・杉本雅明(AgIC株式会社取締役/営業
http://agic.cc/ja/

・長谷川丈(三井不動産株式会社 ビルディング本部 法人営業統括部 法人営業グループ 統括)
http://www.mitsuifudosan.co.jp/

・広瀬 眞之介(事業創造コンサルタント/メンタルトレーナー)
http://www.koishika.com/

八木橋 パチ 昌也(日本IBM コラボレーション・エナジャイザー)
http://ibm.co/Pachi

 

イベント単体としては3,000円なので「お気軽にどうぞ!」とは誘いにくいのですが、もし、Clipニホンバシに興味はあるけどまだ足を運んだことはないという方がいたらちょうどいい機会かもしれません

というのも、Clipニホンバシのメンバー登録につい」というページを見ると、3ケ月10,000円のトライアル利用が準備されているようだから

この日をスタートにまずは3ケ月会員となって試してみるとすれば、チラミセnightはもちろん、Clipニホンバシのイベントやプライベート・コンサルへの相談がすべて無料となるようですよ。

 

Clipニホンバシで見かけた方は声かけてくださいね。

Happy Collaboration!