Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

今からデンマークに行ってきます

オリジナルはこちら(2018/2/18)

 

仲間が企画していた視察ツアーに乗っかって、今から1週間、仕事を休んでデンマークに行ってきます。

誘ってもらったのがちょうど1カ月くらい前で、行くと決めたのがその翌日でした。

 

正直、それまでデンマークにまったく興味を持ってませんでした。

「〈世界一幸福な国〉らしいけど、それってちょっと前までブータンのことじゃなかったっけ? なんだかずいぶんイメージ違う2国だけど、そもそも誰がどうやって幸せって決めるのかね?」って感じで、ちょっと斜に見てました。

 

でも、いざ行ってみようってことになり少し調べ始めてみたら…。なんなのこの国?!

 

【世界一幸せな国】世界ランキングに見る、デンマークの驚くべき「20の真実」

 

  • 労働時間の少なさ 4位

    週37時間労働までという法律があり、それを破ると罰金がある

  • 国際競争力 13位

    日本のわずか約4%の人口で13位

  • 社会寛容度 10位

  • コーヒー消費量 7位

    ちなみに一人当たりのビール消費量は世界29位、日本は38位。

  • 民主主義指数 3位

    若者の間では政治を語るのが「カッコいい」「イケてる」という風潮さえある。

  • 貧困率の少なさ 1位

  • 報道の自由度 3位

    記者クラブがある日本とは異なり、デンマーク報道の自由が侵された話など聞いたことがない。

  • 汚職の少なさ 1位

  • 男女平均度 5位

    104位の日本と比べると、デンマークの女性は圧倒的に強い。

  • 技術革新力 8位

    タブーがなく、多様性に富んだ社会はクリエイティブになりやすく、国民の高い教育水準も手伝って、イノベーティブになるのかもしれない。

 

なんとも興味深い要素に溢れてます。 物価と国民負担のバカ高さや、デザインが有名なことくらいしか知らなかった…。

そして、私がノックアウトされたのがこれ。

 

「デンマークの魂はクリスチャニアだ」日本人が知らない本当のコペンハーゲン

 

コペンハーゲンの一等地に、カオスでピースな治外法権のヒッピーコミューンがあるんですってよ!

刺激的すぎるぜー。

 

とは言え、〈1週間で何が分かるの?〉って話だ。はっきり言ってそんなの分かるわけがない。当たり前だ。

でも、何かは感じるはずだ。というか、感じなければ何かおかしくなってるってことだ。

 

何を感じ、何をしたくなるのか。どんな憧れ、不満、違和感を感じ、何をせずにはいられなくなるのか。

楽しみだ。行ってきます。

Happy Collaboration!