読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

会社を諦めない - 欲張りな俺は楽しさを求め続ける

オリジナルはこちら(2015/1/21)

 

「会社なんてサ…」「仕事なんてサ…」

そんな気持ちになることって多いですよね? 多いですよね?

というか、そういう気持ちは常に自分の中に深く静かに流れ続けています。

 

でも、会社って、諦めてしまうにはあまりにも魅力的じゃありませんか?

たくさんの人、そしてつながりと承認。さまざまなデータ。会議室や福利厚生…

個人が同じものを手に入れるのは簡単な事じゃありません。

その気になれば、相当楽しいコトや大きなコトを起こすことも可能な、巨大なプラットフォームだと思いませんか。

 

それを「カネという利を得るだけのためのもの」とか「言われたことを可もなく不可もなくやるだけ」とかって諦めて、割りきって過ごすのは、あまりにももったいないと思うのです。

それに、自分が費やす時間やエネルギーときたら、相当なものじゃないですか。

自分の心の表層に近い部分だけで受け流すには、あまりにももったいなさ過ぎる! 無駄にし過ぎですよ。

 

何もね「だからもっと熱くなれ!」なんて言いたいわけじゃありませんよ。

ただ、今を大事にしようという考え方をベースに、「どうしたらもっと楽しく仕事ができるか」を考えてもいいんじゃないかって思うんです。

 

そうそう。突然ですけど、皆さんはどんな家に住んでますか? どんな部屋で暮らしてます?

イメージ

雑貨好きやインテリアが好きな人じゃなくても、ときどきポスターを貼ったり、カーテンを取り替えたり、模様替えをしたりして、心地よく暮らせるように、気分よく過ごせるようにしていませんか?

それって、今いる環境を少しだけでも自分好みにしたい、ちょっとは快適にしたいという意識を、行動に移しているってことですよね

 

理想を言えば、もっと広くてピカピカでスベスベの家に住みたい!

でも、止むに止まれぬ事情やらなんやらかんやらでそうもいかない…って人がほとんどですよね。

理想通りの家で理想通りの暮らしをしている人なんて、何千人何万人に1人でしょうきっと。

 

でも、そんな中で、なんやらかんやらを目を瞑って受け入れつつも、ちょっとでも良くできそうなところがあれば、試行錯誤していじってみたりしますよね? 掃除したり整理整頓するのだって、「自分好みに」「快適に」という行動の現れだと思います。

同じように、会社だって仕事だって、全面的に諦めるんじゃなくてジタバタしませんか?

イメージ

何をしたら評価されるだろう? って考えるときに、「自分の上司に」だけじゃなくて、自分が認めている同僚や、事例として社外に発表されたら広く一般に認めてもらえるような仕事のやり方を考えたり実践してみるとか。

何をしたら感謝されるだろう? って考えるときに、「自分の身の周りの同僚」だけじゃなくて、社内の部門人も喜んで感謝してくれるようなやり方を考えてみたり、勉強会などで業界の人たちに話したら参考になると感謝されるような取り組みをしてみるとか

 

そんな風に、何かを社内で考えたり実践するときに、ついでに社内を広く捉えたり社外まで視界に入れる意識を持つだけでも、かなり今とは違うんじゃないでしょうか。

逆に、社外での自分の活動の中に、社内で直接自分の仕事に生かすことができるものとか、自分ではないけれど別の部門や担当者だったら活用できそうなものはないかと意識してみる。そうすることで、評価なり感謝なりのやりとりをもっと広範囲にできるのではないでしょうか。

それって楽しいですよ。書いてるだけでもワクワクしてきます

繰り返しになりますが、「もっと熱く」なんて話じゃないし、ましてや「絶対に諦めるな」とか「しがみついてでも」なんて話ではまったくありません

そして「会社の中にだけフォーカスすべし」なんてまーったく思っていません。

 

ただもっと、「今」とか「日常」を大事にした方がいいんじゃないかと感じてるって話です。

それなら身近な「会社というコミュニティー」を諦めず、もっとそれを活用して、そこにあるリソースから利を得たり一緒に生み出したりしようとしてみたらどうだろう? って思うのです。

きれいごと? そうかもね。

でも俺は、楽しく過ごしたいんです。

 

あ、そうそう。まだ案内ページが完成してないんですけど、2月23日(月)の夜に「会社というコミュニティーでやりたいこと」をテーマにEGMサミットというイベントを都内で開催します。

からだ空けておいてもらえませんか?

 

Happy Collaboration!