Pachi's Blog Annex ~自薦&自選よりぬき~

『Pachi -the Collaboration Energizer-』の中から自分でも気に入っているエントリーを厳選してお届けします♪

未来を顕在化する– ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/8/2)

 

既定路線的から夢想的まで、あなたが描くシナリオはどんなものになるでしょうか。

Book of Futures日本語訳シリーズ、第12回(ラス前)は[未来を顕在化する]です。

 


 

Actualize the future

Futures design is an expansion of the domain of possible actions. It is forming new strategies for ourselves and our organization, and a choice of changing the status quo. Future designers are ultimately change makers.

未来を顕在化する

未来をデザインするとは、行動可能領域を拡大することです。自分たちと自組織が取り得る新しい戦略を築くことであり、一石を投じるという選択です。

フューチャーデザイナーとは、変化の担い手たちなのです。

 

Establishing possible futures as the actual future is a matter of leadership and influencing oneself and others to take action. Factors like formal power, organizational support and economic resources heavily influence the ability of future designers to initiate action. How people experience and perceive the scenarios, will determine how they engage in actualizing them. It is necessary for future designers to adjust the communication of scenarios to the target group, in order to effectively inspire those that need to be inspired, and efficiently inform those that need information.

未来の可能性を未来の現実とするとは、リーダーシップの発揮であり、自らと周囲に影響を与え行動を起こさせることを意味します。公式な権力や組織の支援、経済的資源は、フューチャーデザイナーの影響力に大きな影響を与えます。

シナリオの実現に向かい人びとがどのように関与するかは、彼らがどうシナリオを体験しどうシナリオを受け止めるかにかかっています。

フューチャーデザイナーは、刺激を受けるべき対象集団がしっかり刺激を受けとれるように、そして情報を理解すべき対象集団がしっかり情報を理解できるように、シナリオのコミュニケーション方法を調整しなくてはなりません。

 

Through iterative design, we get a powerful tool to continuously adapt their actions to create impact. We adjust our actions and conversations to successfully engage listeners in actualizing a future scenario as the future reality. Depending on the people we interact with, we will adjust the method and radicalness when presenting the scenarios.

反復的デザインは、インパクトを生み出す人びとの行動を継続的に調整するための、フューチャーデザイナーにとって強力なツールです。

人びとの関与を高めるよう、自分たちの行動を修正しつつ上手に会話を進め、未来へのシナリオを未来の出来事へと変えていきます。シナリオを提示する際には、やりとりする人々に応じてその方法や先鋭さを調整しましょう。

 

Abstract vs concrete

The declaration of possibility is a key tool to materialize our ideas. And finding the balance of details, certainty and room for imagination is an art of great influencers. In communicating scenarios we distinguish between concrete and abstract communication.

抽象性 対 具体性

可能性を宣言することは、アイデアを具体化する重要な手段です。偉大な影響力を持つ人びとは、詳細と確かさ、そして想像力の広がる余地のバランスを、巧みに見つけだします。

シナリオの伝達において、私たちは<具体的コミュニケーション><抽象的コミュニケーション>という2つのサブフェーズに分けて実施します。

 

Behind the lines of Kennedy’s speech address, the US government had already assigned specific resources for the space program. Directors of key institutions had committed to specific and concrete actions to secure the budget and acquire the knowledge to make the scenario a reality.

ケネディの演説の裏では、アメリカ政府は宇宙計画用の特別予算を準備済みでした。

政府の主要組織の取締役たちは、シナリオの実現に必要な予算確保と知識習得のために明確で具体的な行動を取ることを誓っていました。

 

The abstraction was the speech itself. Rhetorics and story telling was a key enabler in making Kennedy’s speech one of history’s most famous declarations of possibility. Americans listened, was provoked or inspired by their president as he opened up their imaginations to a future with a man on the moon.

演説は抽象化そのものでした。レトリックとストーリーテリングこそが、ケネディの演説を世界で最も高らかに可能性の力を宣言した演説へと仕立てたのです。

アメリカ国民は演説を聞き、その言葉に掻き立てられ、一人の同胞が月面を歩く未来を強くイメージしたのです。

 

Concrete Scenarios

Possibility is most clearly stated through a declaration. When someone declares a new company vision, strategy of action, plan or similar, it opens up for a new path for the future. Like a sergeant’s commands for his soldiers, concrete scenarios does not leave much room for interpretations of the direction and length of the next move. Being concrete helps people move along a predetermined track.

具体的なシナリオ

可能性は、宣言を通じて最も明確に伝えられます。新しい企業ビジョン、行動戦略、計画などが宣言されたとき、人びとは未来への新たな道を見出します。

具体的シナリオは、いわば軍曹の新兵に対する言葉のようなもので、解釈の余地を与えることなく何をすべきかをすぐに理解させるものです。具体性が、人びとを所定のコースに沿って進ませる手助けとなるのです。

 

Abstract Scenarios

Art does not speak to us in words, art speaks to our emotions and sensory perception. Art lets us imagine something that we could not before. Abstract scenarios opens up for imagination and induce new thoughts. As such, art inspires us to create scenarios that ask questions of what is possible rather than giving answers to what is? Abstract scenarios change our approach towards our situation or inquiry, and it opens up for possibility.

抽象的なシナリオ

アートは言語を通じて私たちに語りかけるのではなく、感性と知覚を通じて私たちに語りかけます。アートには、それまで想像できなかったものを想像させる力があります。

抽象的シナリオは、新たな想像への道を切り開き、新たな考えを誘発します。そしてアートは、それが何かという問いに答えを与えるのではなく、<何が可能か>を問うシナリオを生みだすように私たちを促します。

抽象的シナリオは、現況や探求への私たちの取り組み方に変化をもたらし、可能性を切り開くものです。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162648j:plain

 

Radicalness

Future designers must train their acuity towards the right articulation of future scenarios. Like the abstract vs. concrete scale, the perceived radicalness of scenarios is an important factor for engaging people in its realization.

先鋭さ

フューチャーデザイナーは、未来シナリオを的確に表現できる鋭敏さを鍛えておくべきです。

抽象性対具体性のレベルと同様に、シナリオの先鋭さの受け止められかたが、人びとのシナリオ実現への関与度合いを決める鍵となります。

 

The radicalness is both a scale of ambition and realism, and it must be balance with the organizational readiness for change. Positioning the scenario as both ambitious and realistic is the creation of a possibility that is both exciting and safe for the others to engage in.

先鋭さとは、野心と現実性の両者の程度を表すものであり、また同時に変化に対する組織的準備ともバランスが取れているべきものです。

野心的でありながらも現実性を備えたシナリオにより、ワクワクさを求める人と安全さを求める人それぞれの関与可能性を高めます。

 

For some, a scenario of cars becoming a household possession, or walking on the moon, seemed both undesirable and unrealistic, but for scientist in NASA or Henry Ford, these scenarios seemed like future certainties.

車が日常にありふれたものになるのも、あるいは人間が月面を歩くのも、ある人たちにとってはどちらも望ましくもなければ現実的でもないシナリオでした。

しかしNASAの科学者たちやヘンリー・フォードにとっては、シナリオは確実に起こる未来だったのです。

 

We distinguish levels of radicalness on a scale from projected through pragmatic, progressive to preposterous.

私たちは先鋭さレベルを、既定路線的、実用的、革新的、夢想的と区別しています。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162700j:plain

 

Projected  Scenarios are a direct continuation of the present.

既定路線的  現在からの継続的延長線上にあるシナリオ。

Pragmatic  Scenarios assume some development of the context and suggest incremental changes.

実用的  コンテクストの特定部分が進化していき斬新的変化をもたらすシナリオ。

Progressive  Scenarios question basic assumptions and suggest changes to core elements.

革新的  基本的前提に疑問を投げかけ根幹に変化をもたらすシナリオ。

Preposterous  Scenarios question existing world views and suggest radical transformation of the context.

夢想的  既存の世界観に疑問を投げかけ「在り方」に先鋭的な変化をもたらすシナリオ。

 

Happy Collaboration!

 

未来を描く – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/28)

 

あなたは”Imagine futures”をどう訳しますか?

Book of Futures日本語訳シリーズ、第11回は[未来を描く]です。

 


 

Imagine futures

Our insights are formulations pointing towards possibility. They serve as a point of departure for the creation of future scenarios. In other words, if insights are our questions, scenarios are possible answers to those questions. Building scenarios is about developing a deeper understanding of the opportunities that our situation and new insights hold.

未来を描く

インサイトとは、可能性の方角を指し示すひな形であり、未来シナリオ作成の旅の出発地点となります。

私たちの問いがインサイトであり、それに対する一つの答えがシナリオだという言い方もできるでしょう。

シナリオを作り上げるとは、現況と生みだされたインサイトの持つ潜在力をさらに深く理解するということです。

 

Insights paint new visions for the future that might give birth to new solutions, ideas, products, strategies or even poetical landscapes of possible futures. Insights make up the foundation for designing future scenarios for our project, organization, sector, industry or some other part of the world. Faced with the uncertainty of the future, anything is possible, and a representation of possible scenarios creates a foundation for forming a strategy of action. This strategy must provide a compass for avoiding undesirable scenarios and continuously navigating towards those that are preferable.

インサイトが描き出すのは新たな未来へのビジョンです。それは、新たなソリューション、アイデア、製品、戦略、ときに未来の幻想的風景かもしれません。

インサイトは、プロジェクトや組織、分野や業界、あるいは世界のとある場所の未来シナリオをデザインする際の基盤を作りあげます。そして、未来の不確かさやあらゆることが可能だという事実、考え得るシナリオらを直視することは、行動戦略の基盤を策定することを意味します。

この行動戦略は、望ましくないシナリオを避け、求めている未来へと常に導き続けてくれるコンパスの役目を果たすものでなければなりません。

 

Employing insights to induce new scenarios is an act of cognitive, emotional and physical speculation. Looking over the material and paying attention to the potential of our insights allow us to paint new pictures and imagine future landscapes and see the situation and world anew.

インサイトを新たなシナリオへと展開させていくことは、認知的、感情的、身体的な思議です。

資料を検分し自分たちのインサイトが持つ可能性に意識を寄せることで、新たな未来の風景を思い描き表現でき、現況と世界を新たな目で見直せるのです。

 

The head and hands may work separately and/or together to combine and manipulate insights and signals, information and materials, the cognitive and the physical in order to manifest possible futures. The interaction between physical prototypes, art pieces, sketches, models, products, narratives on one side and experiences, mind sculptures and conversations on the other, hold a potential for exploring and imagining new hybrid structures. Through their origination in observed signals and insights, these hybrid structures become a reflection and critique of the past, but they also provoke and invite us to imagine what might be possible.

頭と手は、ときに別々にときに共に働き、インサイトとシグナルを、情報と物体を、脳と肉体を混ぜ合わせ、起こり得る未来を明らかにしていきます。

物質的プロトタイプやアート作品、スケッチ、模型、物語、成果物といった具現的なものと、それらの逆に位置付けられるような経験や脳内シミュレーション、会話といった観念的なものとが相互作用を起こすとき、新しいハイブリッド構造への道が見出される可能性が高まります。

観測されたシグナルとインサイトを起源とするこれらのハイブリッド構造は、過去への反省と批判を示すものとなるでしょう。しかし同時に新たな実現性のイメージを誘発するものともなります。

 

Speculative and provocative scenarios narrated through designed artefacts is a powerful way of facilitating and fostering imagination, emotion or debate, or criticizing and creating dialogue about futures that previously were missing. It is helpful to play the what if game and to author fictional story worlds that bring forth preposterous futures and help us unshackle ourselves from our past experiences. To broaden the horizon of what is possible we can extrapolate trends to the extremes, and play with words, paradoxes, dilemmas, materials and prototypes. Challenge what is and question what might become to escape the idea of a predetermined or projected  future.

これまでの作業で生みだした大胆で挑発的なシナリオを提示することは、想像力に強く訴えかけ感情や討論を、あるいはこれまで表出していなかった未来についての批評や対話を引き出す強力な方法です。

「もし未来がxxだったら」というゲームをしたり、荒唐無稽な未来の世界へとつながる物語を作ってみたりすることは、過去の経験という呪縛から自らを解き放つのに役立ちます。

可能性の地平線を拡げるために、トレンドから極端な未来を導き出したり、言葉遊びやパラドックス、ジレンマを用いてみたり、いろんなプロトタイプを作ってみましょう。

それが意味するものに、そしてその進化の道に疑問を投げ続けて、既定路線のありふれた未来イメージから脱却するのです。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162751j:plain

 

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162803j:plain

 

 

Elements of the future cone

Assessing the probability of scenarios is actually precluded by the inherent incertanty of the future. Though as future designers we do take the liberty to use social tendencies, generational arches and our insights in general to estimate how likely a scenario is. If a scenario is very similar to our current reality or is based on extrapolations of current trends, it should be placed close to the centre of the cone.

フューチャーコーンの要素

<シナリオの実現可能性評価>は、不確かさを取り除くことは不可能という未来の特性上、正確に可能性を査定することはできません。

しかし私たちフューチャーデザイナーには、社会的傾向、世代的典型、そして生み出したインサイト全般を活かし、個々のシナリオの可能性を推定する自由があります。

もしシナリオが現在の状況に、あるいは現在のトレンドにとても沿ったものだと感じられる場合は、フューチャーコーンの中心に配置します。

 

Anything is possible in an uncertain future, therefore the possible domain includes all thinkable scenarios. History has repeatedly shown us how our basics beliefs become myths of the past as philosophers, technologists and other thought leaders present new facts or perspectives that change our beliefs and world views. Future designers must take into account the emergence of new knowledge or unexpected events that makes the seemingly impossible possible.

<すべてが実現可能>なのが不確かな未来なので、想定し得るシナリオすべてが可能領域内に含まれます。

私たちの過去の常識や世界観は、歴史上これまでに何度となく哲学家や技術者、そしてソートリーダーたちにより塗り替えられてきました。

私たちフューチャーデザイナーは、新しい知識や予想外の出来事の出現が、それまでの不可能を可能としてきたことをしっかりと考慮しなければなりません。

 

The projected future defines the center of the future cone. This is the future scenario that epitomizes business-as-usual. It is basically the notion that tomorrow will be pretty much like today and the day after similar to that.

<既定路線的未来>とはフューチャーコーンの中心を定めるシナリオで、最もありふれたものです。

明日は今日のコピーのようなもので、その次の日も大概似たようなものという考えを取っています。

 

The preferable future is the future scenario that we want to actualize. Like JFK did in 1961 we can initiate actions that sets us on a course towards our preferred version of the future. What future designers must do, is to leverage their skills, resources and insights to change the world views, institutions, technologies and cultures that determine what is possible for individuals and organizations. By declaring a new scenario through products, services, perspectives, etc. we open the possibility for people to take action. Hereby, we increase the probability of the preferable future becoming the projected future.

<求めている未来>とは、私たちが実現したい未来シナリオです。

1961年にジョン・F・ケネディが行ったように、自分たちが求めている未来へとつながる道へとその向きをセットするものです。

フューチャーデザイナーが取るべき行動は、自分たちのスキル、リソース、洞察力を活用しあうことです。そして個人や組織の実現可能性の判断基準となる世界観、制度、技術、文化に変化をもたらすことです。

試作品やサービス、観点といったものを通じて新しいシナリオを示し表すことで、人びとが行動を起こす可能性を高めます。これにより、フューチャーデザイナーは求めている未来を予測される未来へと近づけることができるのです。

 


 

Happy Collaboration!

 

踏み出す – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/23) 

 

未来はデザインできる冒険。一人でデザインしてもいいけれど、たくさんの人と行えばもっと大きな冒険ができます。

Book of Futures日本語訳シリーズ、第10回は踏み出すです。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162859j:plain

 

Scale

When John F. Kennedy became president in January 1961, thegeneral opinion among Americans was, that the United States was losing the space race to the Soviet Union, who four years earlier with success had sent the first satellite in orbit around earth. The perception grew when Russian cosmonaut Yuri Gagarin became the first man in space during April 1961. Less than a week later came the Bay of Pigs fiasco, a failed attempt to overthrow Fidel Castro’s communist government in Cuba, a failure that publicly humiliated the United States. Kennedy and the White House were convinced that the American strength and liberty would be secured through demonstrating technological supremacy. After consulting with NASA to identify such an achievement, Kennedy stood before Congress on May 25, 1961 with a very bold proposal:

踏み出す

ジョン・F・ケネディが1961年1月に大統領に就任した当時、アメリカ国民の多くが、アメリカはソビエト連邦ソ連)との宇宙開発競争に敗れたと考えていました。

ソ連アメリカより4年早く、地球周回軌道上を回る衛星の打ち上げに成功していたからです。

1961年4月にソ連の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンが世界で最初に宇宙を体験した人類となったときには、悲観ムードはさらに強まりました。

そして1週間も経たないうちに、ピッグス湾事件が起きました。アメリカは、キューバフィデル・カストロ共産党政権打倒を試み失敗し、世界の目前で大きな恥をかいたのです。

ケネディ大統領とホワイトハウスは、テクノロジーの優位性を見せつけることで、アメリカの強さと自由を世界に示す必要があると強く感じていました。

そしてNASAアメリカ航空宇宙局)との協議により成果の確認をすると、大統領は1961年5月25日、アメリ連邦議会の席上で非常に大胆な提案をしました。

 

>> I beleive that his nation should commit itself to achieving the goal, before this decade is out, of landing a man on the moon and returning him safely to the earth. No single space project in this period will be more impressive to mankind, or more important for the ling-range exploration of space <<

私は、今後10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させるという目標を我が国が成し遂げると表明すべきと確信しています。

この期間において、この宇宙プロジェクト以上に、より強い印象を人類に残すものは存在せず、長きにわたる宇宙探査史においてより重要となるものは存在しないでしょう。

 

In his speech Kennedy describes a scenario for the future of a nation. He commits himself and the entire country to a seemingly impossible goal.

演説の中で、ケネディ大統領は国家の未来シナリオを描いています。

大統領は自分自身と国全体を、一見不可能としか思えない目標に託したのです。

 

If America had to land on the Moon in order to preserve a peaceful and free world, then landing on the Moon was an absolute necessity. It was a political need. James Webb, the space agency’s administrator, had previously conceded to Kennedy that he believed it could be done, bu the fact was, that NASA had absolutely no idea where to even begin.

平和で自由な世界を守るのに、アメリカが月に着陸しなければならないのなら、何が何でもそれを成し遂げなければならないと大統領は考えたのです。それが政治的にも必要だと。

NASAの長官ジェイムズ・ウェッブは、事前の会話でそれが可能だと信じていると大統領に伝えたものの、しかし実際のところNASAは、どこから手をつければいいのかすらまるで分かっていなかったと認めています。

 

As Kennedy came back to the White House, he said to his speechwriter, Ted Sorensen,
>>That didn’t go over well, did it?<<

ホワイトハウスに戻った大統領は、スピーチライターのテッド・ソレンセンにこう言いました。

どうもあんまり上手くいかなかった感じだな。

 

And truly, the proposal wasn’t greeted with immediate enthusiasm by the members of Congress. Kennedy spend a lot of effort trying to win the argument and convince Congress why going to the moon was of such importance. It wasn’t clear until a couple of weeks later, if Kennedy would have the political support needed to get started on this adventure. But his declaration set in motion research activities, investments and technological leaps that in the following decade increased the chance of actually sending a man to the moon. And as the years passed, the scenario slowly took form. And finally on July 20, 1969 Neil Armstrong stepped out of the lunar module Eagle, and felt the surface of the moon under his feet for the first time. Three days later, the crew returned safely to Earth.

実際のところ、当初、議会のメンバーはこの提案にあまり乗り気ではありませんでした。

大統領は議会を説得しようと多大な労力を費やし、強く月に行くことの重要性を訴えました。それでも、大統領がこの冒険をスタートするのに必要な政治的支援を得るのには、数週間がかかりました。

しかし、大統領のこの宣言こそが物事を動かしたのです。研究活動、投資額、技術革新を大きく飛躍させ、次の10年で月に人を送りこむことに成功する確率も大飛躍させたのです。

数年が経ち、シナリオはゆっくりと現実に近づいていきました。そして1969年7月20日ニール・アームストロングはついに月面着陸船イーグルから外へと踏み出し、月の表面をその足裏に初めて感じたのです。

その3日後、乗組員たちは地球に安全に帰還しました。

 

Kennedy’s speech not only charted the course of NASA for a decade, it scaled up an idea of space travel to become an achievement, that still today, almost 50 years later, is a pillar in human history.

ケネディ大統領の演説は、NASAの10年間を決定づけただけではありませんでした。50年近く経過した現在に至るまで、宇宙旅行というアイデアの礎であり、人類史上に残る大偉業となっているのです。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015162918j:plain

 

Make it count

Until this point, the design process has been centered around a project team, a small subset of a larger organization or society. Together, future designers have searched and gained insight on the situation, its context and potential. Though, the ultimate intention is to make the work count and turn new insights into new scenarios that can create a positive impact.

意義を高める

これまでのところ、デザインプロセスはプロジェクトチームのメンバーという、社会あるいは大組織内における小集団を中心に行われてきました。彼らとともに、フューチャーデザイナーは現況とそのコンテクスト、そして可能性について調査しインサイトを掴んできました。

しかし、最終的な目的は一連の作業の意義を高めることであり、新たなインサイトをポジティブな影響を生みだすことのできる新しいシナリオへと変貌させることです。

 

The term scale originates in the Latin term scale meaning ladder. In the metaphor of the ladder, the current situation is the step, we are now standing on, and the futures design process aims to take us to the next step towards a new scenario for the future. In the scale phase, we include people around us as co-designers of the future.

このフェーズの英語名称は<スケール>ですが、その語源であるラテン語scaleの意味は<はしごで上る>です。

はしごで例えれば、現況とは私たちが立っているはしごの段を意味しており、フューチャーデザイン・プロセスとは、新しいシナリオが描く未来という次の段へ私たちを導くことを意味しています。

踏み出しフェーズでは、私たちの周囲の人々を、未来への共同デザイナーとして巻きこんでいきます。

 

Our medium for translating scenarios into action, is the design of new possible experiences that are provoking, inspiring and informative and aims to spark new reflections, discussion and actions.

フューチャーデザイナーは、シナリオを行動へと転換させ得る新たな体験をデザインします。

新たなものの見方や議論そして行動を引き起こしそうな、誘発的で刺激と情報に溢れる体験のデザインです。

 

In scaling, we distinguish between the two sub phases imagine futures and actualize the future.

踏み出しのフェーズでは、<未来を描く>と<未来の顕在化>という2つのサブフェーズに分けて実施します。

 

 

Happy Collaboration!

 

インサイト – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/18) 

 

インサイトとジョークは似ている。説明が必要だとすれば、それはあまりいい出来じゃない。

— Book of Futures日本語訳シリーズ、今回は<感知する>の2つのサブフェーズをお届けします。

 


 

Integrate signals

Arranged as a pile of scan cards, signals are an abstract mess. Their relation to each other and their combined potential for changing the situation is yet to be uncovered. By integrating the underlying meaning and potential of the signals with each other and our previous understanding of the situation, we create something new: A comprehensive map of signals that helps us navigate the complexity of the situation.

シグナルの統合

積み重ねられたスキャンカードの束は、シグナルの抽象的な混乱を示しています。

それぞれのカードの関係性と、組み合わせがもたらし得る変化の可能性は、まだベールに包まれたままです。

シグナルが秘める意味合いと未来への潜在力を、自分たちの既知の現況理解と統合することにより、複雑な状況から未来へと導くこれまでにない新たな統合的シグナルを生みだすことができます。

 

Making the signals physical as scan cards allow us to have a conversation with each other and the subject that is visually and physically represented. When we more, organize and play with scan cards on a floor or a wall, they form patterns and clusters that represent a new awareness. The physicality of signals enables us to use more senses in the sense making process, and circumventing the limitations of our current vocabulary and understanding. Visualization, organization and prioritization of the signals in the scan map allow us to separarate the process of understanding and the articulation of insights

シグナルをスキャンカードという物体にすることで会話がしやすくなり、また視覚的にも物理的にも表現できるようになります。

スキャンカードを床や壁面に配置していろいろと動かし試すことでパターンやクラスターが形成され、私たちに新たな気づきを与えてくれます。シグナルの物理性は、意味を見つけ出すプロセスにおける感知力を高め、自身の語彙力や理解力の限界を押し広げてくれます。

スキャンマップ内のシグナルの可視化、組織化、優先順位付けにより、理解プロセスとインサイト明確化を分離することができます。

 

Connecting scan cards in the scan map shapes clusters that symbolize a new sense of awareness. The parallel motion of synthesizing the physical data and sensing the potential is a physical and cognitive process of learning and reducing complexity. Integrating the signals is essential to learning abut the situation and what potential it holds for designing new futures.

スキャンカードをスキャンマップ上でつなげていくことで、新しい気づきを象徴するクラスターが形作られて行きます。
物質化されたデータの合成と潜在力の感知を並行的に進めていくことは、身体と認知の学びのプロセスであり、また複雑性の縮減でもあります。
シグナルの統合は、現況を学びそれが持つ可能性を新しい未来のデザインに活かすのに不可欠です。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163023j:plain

 

Build the scan map

The action of printing scan cards and organizing them in clusters is the physical equivalent of sensing. Integrating multiple signals to form themes creates a map of the future potential that exists. Each cluster represents a new sense of awareness to be articulated as an insight.

スキャンマップ作成ステップ

スキャンカードを作りクラスターを組織していくことは、いわば感知の身体版です。
複数のシグナルを統合してテーマを作り、未来に起こり得る可能性をマッピングします。
それぞれのクラスターは、それぞれ1つのインサイトとして表現されるべき新たな気づきを示しています。

 

Step 01

Scan cards are unsorted, no patterns exists. Start sharing with collaborators what scan cards mean, and why they are relevant. Make sure to use the scan card and the image to communicate what the signal is about.

ステップ1

スキャンカードはバラバラのままで、パターンは存在していません。
まずは協力者たちにスキャンカードが何であり、どう関連すると考えているのかをシェアしましょう。シグナルの意味を伝えるのに、スキャンカードに用いたビジュアルを使うことをお忘れなく。

 

Step 02

Scan cards are organized into clusters. Name the theme of each cluster. What are the signals talking about as a whole?

ステップ2

スキャンカードはクラスターにまとめられています。
クラスターのテーマに名前を付けましょう。まとめられたシグナルは全体として何を伝えようとしていますか?

 

Step 03

Scan cards are organized and prioritized further to form clusters relevant to the situation. Articulate an insight statement to capture the meaning of each cluster.

ステップ3

現況に対する関与度合いによりクラスター内のスキャンカードには優先順位付けがされています。
それぞれのクラスターの意味が明確になるように、インサイトの声明文を作りましょう。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163038j:plain

 

Articulate insights

An insight is a phrase, statement or generative metaphor that serves as an initial spark to start imagining new scenarios for the future. As a platform for possibility, insights must be well grounded in a deep understanding of the situation and well articulated to uncover its meaning effectively to others. Insight use the power of language to cultivate and spark further imagination and creative thinking. Our collection of insights is the essence of the new understanding of our situation, and it acts as the foundation for the scale phase.

インサイトの明確化

インサイトとは、未来のための新しいシナリオの着想に最初のスパークを与える表現であり、声明であり、強い生成力を持つメタファーです。
インサイトは可能性の基盤となるので、現況の深い理解に基づいた十分な根拠を持ち、その意味するところを効果的に他者に伝えられるものでなければなりません。言語の力を用いて、想像力と創造的思考により刺激を与え、さらにその先へと進めさせます。
インサイトの集合体は私たちの現況理解の核心であり、踏み出しのフェーズにおける土台となります。

 

An insight formulated as generative metaphor, with a strong yet comprehensive verbalization as a provocative thought is a powerful catalyzer to make the unfamiliar familiar. Insights are critical for the transformation and evolution of the situation. The more powerful the insight, the more we are invited to look at the world with new eyes, and the more we can figure out new ways for designing the future.

生成力の強いメタファーとして言語化されたインサイトは、強さと包括力を併せ持った未来への思索を誘発し、不慣れなものをよく知ったものへと変化させる強力なカタリストです。
インサイトは、現況の転換と進化に不可欠で、それが強力であればあるほど、私たちの世界を見る目は研ぎ澄まされます。そして未来をデザインする新しい方法も見つけ出しやすくなります。

 

The task of articulating the insight is capturing the potential of the signals and their interrelatedness in a statement that people understand. How to name our new sense of awareness in a compelling way is the question for this phase.

インサイトを明確にする作業とは、シグナル群の潜在力と、それぞれの相互関係性を掴み、人々が理解できるよう声明文に入れ込むことです。

新たに手にした気づきをどう伝えれば周囲を動かすことができるのか。それがこのフェーズの重要なポイントです。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163050j:plain

 

go beyond the trend

A trend is a manifestation of bigger changes underneath the surface. Be critical toward trends. Not bitter, not sceptic, just curious. Get inspired by others, look at what others are doing, have a curious attitude towards their ideas, but do not follow trends just because others do.

トレンドの先に

トレンドは、水面下に隠れた巨大な変化の小さな兆候に過ぎません。
トレンドには分析的にあたりましょう。手厳しくも疑い深くもある必要はなく、ただただ強い好奇心を持ちましょう。
他の人びとに刺激を受け、彼らの動きを見て、そのアイデアに強い関心を示しましょう。ただし、他の人がやっているからというだけでてトレンドを追うことはないように。

 

If you want to discover change, you can not only look at a superficial manifestation of a trend. Understanding what is really making trends possible, is being able to look beyond. Look at the new emerging values, the new behaviors and cultural changes that people are experiencing. If you understand this new context, you will have a greater chance to solve real problems, satisfy real needs and design a meaningful and significant future.

変化を発見したいのなら、トレンドの表面的兆候以上を見なければいけません。いったい何がそのトレンドの出現を可能としているのかを見出せる必要があります。
新たに出現している価値観、人びとの行動、文化的な変化を人びとは体験しているのでしょうか?
これらの新しいコンテクストを理解できれば、本当の問題を解決し、本当のニーズを満たし、本当に有意義な未来をデザインできる可能性が高まります。

 

Dont be afraid of being bold and courageous to broaden the horizon of the possible, and find your own path towards it.

大胆であることと勇気を持つことを恐れず、可能性の地平を広げ、そこへ辿り着くための自分たちの道を見つけ出しましょう。

 


Happy Collaboration!

 

感知する – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/13) 

 

第8回[感知する]のオープニングは、インテリゴというキノコを消化して学ぶインスタレーションの紹介からスタートします。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163137j:plain

 

sense

integrate signals  articulate insights

Six shiny pillars metallically dropping from a grid of wires and artificial light above. The hovering skeleton of a room inside a room. Firm pink cloud perfectly penetrating the polished surface. These are the physics of Swedish artist Oskar Jakobsens work Intelligo. Aa we walk under the installation, Oskar Jakobsen takes out his phone, checking the time. Looks up and says,

  >>here it comes<<

感知する

シグナルを統合する・インサイトを明確化する

格子状のワイヤーから吊り下げられた6本のメタリックな支柱に、上から人工的な光が注がれている。

部屋の中に浮かぶもう一つの部屋の枠組み。磨き上げられた表面には、ぎっしりと詰まったピンクの雲がその姿全体を突き出している。

— 物理的性質から説明すれば、これがスウェーデンのアーティスト、オスカー・ヤコブセンのインテリゴと名付けられた作品だ。

オスカーはポケットからケータイを取り出して時間をチェックすると、インスタレーションの下を一緒に歩く私たちを見て言った。

「どうぞご覧あれ。」

A quiet white steam exiting wet rubber tubes, headed for the product of his installation – a pink oyster mushroom, slowly growing from the carefully carved holes in the stainless steel constructions, surrounding us.

湿ったゴム製のチューブからゆっくりと上がる白い蒸気が、オスカー作のインスタレーションに向かっていく。

ピンク色のヒラタケは、私たちを取りまくステンレスの金属枠組みに巧みに空けられた穴の中で、静かに成長を続けていた。

 

We meet at Oskar Jakobsens studio in the Royal Danish Art Academy. It is a supreme mess. It is the exact opposite of the clinic creation hanging in one of the tall white rooms of the museum on the other side of the courtyard. The artwork Intelligo is Oskar Jakobsens visual representation of two topics that have been invading his thoughts for a long time now. The first one is data-in-fusion of DNA. Computer scientists at Columbia University recently succeeded in storing large amounts of data in DNA, and reading it again. Oskar Jakobsen pushes back a pile of notebooks, electronic devices, and tiny tools on his desk, and carefully puts down a hand full of his freshly harvested pink oyster mushrooms. He explains that the second thing this installation is rooted in, is tendencies such as body hacking and polyphasic sleeping. These topics are, what initiated the thought pattern behind Inteligo – an art installation that illustrates a data-infusion of great literature into the DNA of the pink oyster mushroom. When the mushroom is harvested, they are packed, and put into a refrigerator as part of the installation, with labels saying James Joyce Ulyses or E. H. Gombrich Story of Art. This is the physical representation of the idea, that we can actually eat and digest data-infused mushroom, and who knows, in some years maybe unzip the information with our body and store it in our brain, and thereby learn by eating.

私たちがオスカー・ヤコブセンと会ったのは、デンマーク王立美術院内にある彼のスタジオでした。

まさに混乱の極みで、反対側に顔を向ければ中庭が目に入る、そんな背の高い白壁を持つ美術館の一部屋に掛けられた作品とは、正反対の意味を持った場所でした。

アート作品インテリゴは、オスカーの視覚的表現であり、これまで長期にわたりオスカーの脳内を占めていた2つの関心ごとを表したものです。

最初の題材はDNAのデータ融合です。コロンビア大学のコンピュータ科学者たちが、先日、DNAに大量のデータを格納し再度読み取ることに成功しました。

オスカーは机の上に山と積まれたノートや電子機器や何かの小さな道具を向こうに押しやると、手のひら一杯ほどの収穫したてのピンク色のヒラタケを慎重にそこに置きました。

このインテリゴという、ピンクのヒラタケのDNAに偉大な文学のデータを注入するというインスタレーションを生みだす元となったのは、ボディハッキングと多相性睡眠のすう勢から出てきた思考パターンで、それが2つ目の題材だったとオスカーは説明しました。

ヒラタケは収穫されるとパック詰めされ、「『ユリシーズジェイムズ・ジョイス 著」や『美術の物語』エルンスト・ゴンブリッチ 著」というラベルを貼られて、インスタレーションの一部として冷蔵庫に保管されます。

これは、私たちがデータ注入されたキノコを実際に食べ消化するという未来像を物質的に表現したものですが、圧縮データを解凍して体内に取り入れそれを脳に保存するといういわば新しい食による学びは、数年後に実現していても不思議ではないでしょう。

 

Oskar Jakobsen describes the initial phases of his work process, as rhizomatic thought patterns. Thoughts appear and when they have been haunting him for long enough, he simply cant deny them. Over time, as he researches and begins giving form to his thoughts at his studio, two or more ideas that seem to have absolutely nothing in common begin touching. New connections slowly start to show themselves to him. If the connection strengthens, Oskar Jakobsen starts working hard on versions of a physical manifestation of what comes out of the touch of the topics. At some point the concept stands clear for itself as a new creation. A creation rising from the connections between seemingly unrelated phenomenons.

オスカーは、自身の作業プロセスの初期段階を、リゾーム的な思考パターンだと説明します。

いわく、ある考えが脳内に現れ長期にわたりつきまとわれると、どうにもそれを振り払うことができなくなっていく。やがて調査をし、自身のスタジオでその考えたちに形を与え始める。

すると、共通点のかけらもないと思われていた2つ、あるいはそれ以上の考えたちが、接触し始める。そして新たなつながりは、その姿を少しずつ現していく。

つながりが強くなっていけば、オスカーは作業の手を早め、関心ごとに生を受けたそれを物理的な表現として形に現していきます。

そしてある時点で、その概念は自らの姿をくっきりと浮かび上がらせます。

一見無関係な現象間のつながりから沸き上がり生まれた、新たな創造物としての姿を。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163152j:plain

 

Sense the potential

We make sense of the world around us through the sensory inputs we perceive. Depending on what inputs make sense to us, we make interpretations of meaning and articulate our perception, thought and intentions in language and actions. Sensing is an essential faculty of what it means to be human.

可能性を感知する

私たちは、自分たちの感覚を通じた入力知覚により、周囲の世界を理解しています。入力に見出した何かを解釈により意味づけし、認知や考えや意図を言語と行動として表現しています。

感知するとは、人間であることそのものを示す重要な能力なのです。

 

To make sense of the signals means to map, prioritize and explore the potential within the collected data. We want to use the signals and their interrelatedness to learn more about the situation and the potential that lies ahead. Through exploration of the signals we are able to gain a new sense of awareness. When this awareness has been adequately verbalized and framed in a way that intuitively makes sense, we call it an insight.

シグナルの意味を見出すとは、収集されたデータ内の可能性をマッピングし、優先付けをし、探索することです。

私たちはシグナルたちとその相互関係性を用いることで、現況とその先に広がる潜在性をより深く理解することができます。シグナルたちの探索を通じて、新たな認知感覚を得ることができるのです。

ここで手にした認知が直感的に理解できるよう言語化されたものを、私たちはインサイトと呼んでいます。

 

Sensing is an act of integrating our previous knowledge with the collection of signals. It is both analyzing the signals to make better distinctions and synthesizing data to create something new. While some signals might have obvious similarities, it is often the hidden connections that carry the most potential for articulating interesting insights.

感知するとは、自身の既知の知識をシグナルの集合体と統合する行為です。シグナルを分析してその特質をより明らかにしていくことと、データを合成して新たなものを生み出すことの、両方の行為です。

シグナル同士が分かりやすい類似性を持っている場合もときにはありますが、多くの場合、興味深いインサイトが生まれる可能性を最も秘めているのは隠れたつながりです。

 

In sensing we distinguish between two sub phases where we integrate signals and articulate insights.

感知するフェーズでは、<シグナルの統合><インサイトの明確化>という2つのサブフェーズに分けて実施します。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163205j:plain

 

Happy Collaboration!

 

シグナルをスキャンする – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/8)  

 

2フェーズの途中では、ウサギ穴へ飛び込むことの大切さについて書かれています。長さの関係から今回は日本語訳していませんが、大意はこんな感じです。

不思議の国のアリス』で、アリスが未踏の地に辿り着けたのはウサギを追いかけたからこそです。

シグナルを追いかけて未知の世界で迷子になることを恐れてはいけません。未知の未知の領域へとたどり着くための知識とインサイトが、ウサギ穴の奥深くであなたを待っているかもしれないのです。

それでは[シグナルをスキャンする]のポイントとなる部分を訳していきます。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163239j:plain

 

Scan for signals

When scanning, we aim to develop a foundation of information and inspiration about present and emerging opportunities, challenges, threats relevant to the situation. We use the practice of scanning to build a more robust language, literacy and vocabulary, and to identify emerging sociocultural trends, behaviors and values. The aim of scanning is the collection of signals of change, relevant to the situation and the topics in the scope wheel. The quality of the scan is primarily defined by the quantity of signals, as more signals will provide a higher resolution image of the final scan map.

シグナルをスキャンする

スキャニングは、現在直面している、あるいは今後出現するであろう、現況に関係する機会、困難、脅威についての情報とひらめきの土台を作ることを目的とした作業です。

スキャニングという手法を使うのは、より生き生きとした単語や文章などの言葉を引き出すため、そして新たに広がりつつある社会文化的傾向や行動、価値観などを突き止めるためです。

スキャンの対象は、変化のシグナルの集合体であり、スコープホイール内に置かれた現況と関連したトピックです。

スキャンの成功度合いは基本的にシグナルの量に依存します、なぜなら、シグナル量が多いほど最終的なスキャンマップの解像度が上がるからです。

 

While quantity is key for scanning, time/resources must also be considered in choosing how to search for and harvest the signals. A short search phase will likely revolve around a web search or a few conversations within one’s existing network, while a large and resourceful project will allow designers to do literature reviews of peer-reviewed articles, interviews with leading experts, surveys, ethnographic observations, and more. Traditional scientific research methods can be of great help in identifying signals, but designers should also become inspired and informed by impressions, emotions, thought experiments and the like.

シグナル量がポイントとは言え、シグナルの探索方法や解明への時間とリソースも充分考慮する必要があります。

探索フェーズを短くした場合、デザイナーが取れる主な手法は、ウェブ検索や知人や友人を介した少人数との会話となるでしょう。大規模でリソースのあるプロジェクトであれば、査読済みの文献レビュー記事や主要な専門家とのインタビュー、アンケートや行動観察調査など、さまざまな手法を用いることができます。

伝統的な科学的調査手法もシグナルの発見に大いに役立つものではありますが、デザイナーは、印象、感情、思考実験などによって得られるインスピレーションも積極的に活用するべきです。

 

In practice scanning involves taking topics from the scope wheel and searching for signals associated with that topic.

実際のスキャニング作業では、スコープホイールからトピックスを取り出し、それに関連するシグナルを探していきます。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163255j:plain

 

Signals

Signals are concrete and observable occurrences that show change or the potential of change. Signals make up the data that creates the foundation of information and inspiration for the further design process. Signals can be actual event, technologies, behaviors, perspectives, etc., that show potential to alter the situation or elements of the context and thereby indirectly change the situation. A signal is not just a trend or a fact, it might be a weak indication of an emerging trend or signify the advent of a new technology.

シグナル

シグナルとは、変化または変化の可能性を示す具体的かつ観察可能な事象や現象群を意味します。

そしてシグナルは、この先のデザイン・プロセスの基盤となる情報とインスピレーションの源となる基礎資料であり、実際の出来事、テクノロジー、行為、視点などの、直接的な現況変化の潜在力を持つものであったり、コンテクストに影響を与えることで間接的な現況変化につながる要素を持つものたちです。

単なる事実や動向ではなく、新たに出現しつつある傾向や新技術到来の微かな兆しなどを示す場合もあります。

 

In the search for and harvest of signals we will make observations of what the signal is, and interpret what potential for change it carries. By collecting and harvesting a lot of signals, we can develop an awareness of emerging trends, drivers, values, cultures before they are established as trends.

シグナルの探索と解析では、何がシグナルなのかを観察しそれがもたらす変化の可能性を読み取ります。

多くのシグナルを集め解析することにより、新たな兆しやその原動力、価値観や文化など、トレンドとして認知される前段階で変化に気付く力を身に付けることができます。

 

Signals are the tip of the iceberg and underneath we find all the things that makes the signals possible. To explore what is underneath the surface, ask yourself:

What makes this signal possible?

What potential impact does this signal carry?

見えているシグナルは氷山の一角に過ぎず、その下にはそれらのシグナルを支える多くのものが潜んでいます。水面下を探検する際には、自身にこう問いかけてください:

何がこのシグナルを可能にしているのか?

このシグナルが秘めている潜在的インパクトは?

 

Harvest the signals

We use notes, pictures and visual memories to help us remember and use the signals in the further process. Sticky notes are a very useful tool in many creative processes, but often we need a more comprehensive format to document and share signals over time, and use them in meaningful ways in a collective setting. We use scan cards to document signals in words and images and to make the first round of interpretation of each signal’s relevance to the situation.

シグナルの解析(スキャンカードの作成)

私たちは文章や写真、イメージ画像を使用することでシグナルを記憶に残し、この先のデザインプロセスに活用しやすくできます。

付箋紙は創造的なプロセスでとても力を発揮するツールですが、共同作業においてより長期にわたり有意義にシグナルを活用し共有するには、より包括的な文書フォーマットを用いたほうがよいでしょう。

私たちは言葉とイメージ画像でスキャンカードにシグナルを記録し、各シグナルの現況との関わりの解釈を伝える最初のセッションに用います。

 

Basic elements of the scan card
01. Title: Name the signal.
02. Image: Include a picture or illustration that shows/symbolize the signal visually.
03. Description: What is this? Explain it.
04. Relevance: Why is this relevant for your situation?
05. Source: Where did you get this information.

Additional elements of the scan card
06. Domain tags: What part of the scope wheel does this come from?
07. Subtitle: Make a one-liner for the signal.
08. Potential: What future does this signal make possible?

スキャンカードの基本要素

01. タイトルシグナルの名前
02. イメージ写真やイラストなどシグナルを表現あるいは象徴する視覚要素
03. 説明シグナルが何なのかの説明
04. 関係性それがなぜ現況に関係しているのか?
05. 情報源情報の出所

スキャンカードの追加要素

06. 領域タグスコープホイールのどの領域のものか
07. サブタイトルシグナルの一行コピー
08. 潜在力シグナルはどんな未来を可能とするか?

f:id:dubbed_pachi:20181015163309j:plain

 

Happy Collaboration!

 

探索範囲を決める – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

オリジナルはこちら(2018/7/3) 

 

第2フェーズの[探索する]は、1989年のニューヨークでのストーリーからスタートします。

ただ、そのストーリーは以前、私がコペンハーゲンでフューチャーデザインを体験したときにブログに書いているので、そちらでご確認ください。

文化のデザインとは未来のデザイン。未来のデザインとは文化のデザイン。

今回は、[探索する]のサブフェーズの1つ、[探索範囲を決める]を訳していきます。

 


 

Search for signals

The search phase is about meeting the world with curiosity and interest. It is about actively gathering data with the intention of transforming it into new ideas, scenarios, concepts and strategies for the future.

シグナルを探索する

<探索フェーズ>とは、好奇心と関心を持って世界と向き合うことです。

未来のための新しいアイデア、シナリオ、コンセプト、戦略へと変換することを目的とし、積極的にデータを収集することです。

 

The word search is rooted in the Latin word circare meaning to go around. When we search we are going around the situation in order to understand it better. We search in the situational context to identify artefacts, narratives and behaviors related to the situation, and to assess their potential for making change. We call our observations signals, because they are signals of potential change.

探索(search)という単語はラテン語の「歩き回る(circare)」を語源としています。探索をするとき、私たちはより良く理解しようと現況の周りを歩き回っているのです。

私たちは状況的コンテクストを探索して現状に関する生成物、物語、行動を特定し、それらが変化を生み出す可能性を評価します。

私たちはそこで出てきた観察結果を、潜在的な変化を示すものとしてシグナルと呼びます。

 

In searching we distinguish between two sub phases where we scope the search and scan for signals.

探索においては、<探索範囲>と<シグナルのスキャン>という2つのサブフェーズに区別して実施します。

 

Scope the search

When scoping, we aim to define where to search for signals of change. Scoping is the creation of a strategy for the search, and making sure to cover all chosen areas of interest. The scope serves as an action map and guiding compass for scanning.

探索範囲を決める

範囲の決定とは、変化のシグナルの探索範囲を設定することです。そして探索戦略を策定することであり、また範囲として設定した興味分野すべてがカバーされることを確認することでもあります。

探索範囲は、スキャニングにメンバーを導く羅針盤として、アクションマップとして機能します。

 

Scoping aims to identify domains related to the situation, and help searching for topics within these domains, that can share perspectives, judgements, ideas and knowledge related to the situation, and use this as a guide for where to scan for signals.

範囲設定は、現況に関連する領域を特定し、領域内のトピックの探索を支援して、視点、判断、アイデア、知識の共有を促します。

そしてシグナルのスキャン場所の目安として用いることができます。

 

The main objective of scoping is the articulation of current knowledge and topics related to the situation. We distinguish between three types of knowledge, known knowns, known unknowns and unknown unknowns. We use what we know, and our curiosity to guide us into the unkwnon.

範囲設定の主な目的は、現況に対して自分たちが現在持っている知識とトピックを明らかにすることです。

私たちは、既知の既知、既知の未知、未知の未知の3つのタイプに知識を区別します。

私たちは既知を用いて、そして好奇心を用いて、未知へと入り込んでいきます。

f:id:dubbed_pachi:20181015163516j:plain

 

The scope wheel

Known knowns (15%)  What you know, you know.

Known unknowns (25%)  Wha you know, you dont know.

Unknown unknowns (60%)  What you dont know, you dont know.

スコープホイール

既知の既知(15%)  あなたが知っていることを自分で知っているもの

既知の未知 (25%)  あなたが知らないでいることを自分で知っているもの

未知の未知(60%)  あなたが知らないということを自分で知らないでいるもの

 

Domains of exploration

We use a model that we call the scope wheel to visualize and work with the scope. We divide the context of the situation into a few domains of interest and aim to exhaust each domain with topics more or less relevant to the situation.

探索領域

範囲を可視化して取り組むために<スコープホイール>と私たちが呼ぶモデルがあります。

現況のコンテクストをいくつかの興味領域に分け、ある程度関連のあるトピックですべての領域が埋まるようにして行きます。

 

The domains of interest serves to focus our search on what will most likely change the situation or where we find the most potential for inspiring our design process. Keywords from the situating phase can serve as a basis for deciding what domains are most important.

興味領域は、現況を最も変化させそうなもの、あるいはデザインプロセスを最も興味深くしそうな潜在力を持つものに私たちが注力する助けとなります。

<位置決める>のフェーズで上がったキーワードを、どのドメインが最も重要かを決定する際の基礎とすることも可能です。

 

To inspire a wider search, models like the business analysis framework STEEPV can be used. Each letter of the STEEPV will constitute one domain and we fill out each of them with topics relevant for the situation.

より広範囲な探索への足がかりとして、STEEPVなどのビジネス分析フレームワークを用いることができます。

STEEPVの頭文字それぞれを興味領域として、現況に関連するトピックで全領域を埋めていきます。

 

The STEEPV domains: Social, Technological, Economical, Environmental, Political and Value-based issues.

STEEPVの示す領域社会(Social)、技術(Technological)、経済(Economic)、環境(Environmental)、政治(Political)、価値観(Value)、を根底とする問題

 

Spaces of relevance

Closest to the core of the subject and at the centre of our scope wheel we find the topics most relevant to the situation, and closer to the periphery the topics are less relevant. Outside the periphery are those topics we deem irrelevant to the subject of study. In-between we define three spaces to guide and calibrate our search strategy.

関連性スペース

スコープホイールの中心にあるテーマの近くに現状に最も関連性の高いトピックを配置し、関連性が低くなるにつれてホイール中心からの距離を離して配置するようにします。研究テーマと関連がないと見なしたトピックはホイール外に置きます。

探索戦略を進める上で、私たちはホイールの中心から外までを3つのスペースに分けます。

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163531j:plain

 

Core space  The immediate context of the situation and state-of-the-art within the subject
Adjacent space  Areas of knowledge, practices and vocabularies complementary to the situation
Peripheral space  The foreign, unfamiliar, radical and more unexplored perspectives

コアスペース  現況に最近接しテーマ内で最新のコンテクスト

隣接スペース  現況補完的な知識、実践、語彙分野

周辺スペース  異質、未知、先鋭的、不慣れな見方や観点

 

f:id:dubbed_pachi:20181015163543j:plain

 

Happy Collaboration!